• 3106

NOOS LECTURE 2013 DVD vol.6「存在の子宮としてのコーラ」

¥4,500(税別)  ¥4,860(税込)

プラトンが『ティマイオス』でほのめかした「コーラ」というミステリアスな概念。

それは物質的・感覚的なものでもなく、かといってプラトン特有のイデア世界の存在でもない。それは生成物の受胎する器のようなもので、感覚世界とイデア世界のちょうど中間に位置するといわれる。

その神秘的な性格ゆえ、以後の哲学者たちはこの〈聖・場所〉のことを永遠の処女と形容したりもした。デリタはいう。「われわれはまだ、受け取ること、この受容体が待つ〈受け取ること〉というのが何を言っているのかを、考えてはいない」と。

「コーラ」は地上世界を活動させる火・地・風・水の四元素とも深く関わっている。また人間を天上の星の世界へと誘う役割も持っている。

そして、それは幾何学の神髄とも言える五つのプラトン立体とも秘密の関係を持つ。今回はこの「コーラ」の謎に挑む。


  1. 記憶の器/プラトンの「コーラ」をめぐって
  2. 浮上するコーラ/次元観察子の全体性
  3. 思形と感性について/次元観察子ψ9~10の世界
  4. ヘキサチューブルの世界/次元観察子とプラトン立体

収録年月:2014/05 | 再生時間:4時間0分 | 画面サイズ:16:9

,,