• 3401

NOOS LECTURE 2015 DVD vol.1「ヌーソロジーに見る日本民族」&vol.2「シリウスコネクションとヌーソロジー」

¥4,500(税別)  ¥4,860(税込)

vol.1「ヌーソロジーに見る日本民族」

日本語の精神には「黄金の霊性」とも呼ぶべき原初の精神が宿っている。この精神は宇宙生命の永遠性を保守するためにある言わば「存在のヘソの緒」のようなものだ。

今、世界は資本主義が生み出す貨幣の霊力によって暗闇の中を落下し続けている。貨幣とは精神の外化とともに溶け出した宇宙精神の屍のようなものだ。

日本語の精神の中に眠る黄金の力はいかにしてこの屍の世界から脱出を諮るのか。第1回目はこれからの時代における日本精神の役割について、ヌーソロジーの視点から解説する。

(※VOL.1は当日ライブ配信したものをYouTubeで無料で視聴することができます。また当初DVD化の予定がありませんでしたので、余分な写り込みがございます。どうぞご了承ください。)

  1. カタカムナとは何か/カタカムナ人と覚醒期
  2. カタカムナ人たちの世界観/「もの」として生きるヒト
  3. 素粒子と霊魂/カタカムナ人の世界認識を再興するために
  4. ヒトツカタツミの世界へ/物質として表現される愛

収録年月:2015/05 | 再生時間:4h31min. | 画面サイズ:16:9


vol.2「シリウスコネクションとヌーソロジー」

アフリカのドゴン族にはシリウスに関する興味深い神話がある。それは「10番目の月」が出現するとき、シリウスからノンモという両性具有の精霊たちが降りてきて、それまで地球を支配していたオゴという汚れた存在を駆逐し世界を新しく再生させるという話だ。

そして、このノンモが地上に降り立ったとき「空間は四つの角を持つ」と言われる。

この4 つの角とは創造神アンマが宇宙を作るときに最初に用いたフォニオという穀物のカタチに準じたものとされるのだが、果たしてヌーソロジーはこの神話をどう読むか。

  1. カタカムナとは何か/カタカムナ人と覚醒期
  2. カタカムナ人たちの世界観/「もの」として生きるヒト
  3. 素粒子と霊魂/カタカムナ人の世界認識を再興するために
  4. ヒトツカタツミの世界へ/物質として表現される愛

収録年月:2015/07 | 再生時間:4h25min. | 画面サイズ:16:9