• 3406

NOOS LECTURE 2015 DVD vol.6「霊的太陽の世界へ」

¥4,500(税別)  ¥4,860(税込)

disc.A

  • 1.ヌーソロジーによる十種神宝解説(1)/カガミからタマへ
  • 2.ヌーソロジーによる十種神宝解説(2)/タマからヒレへ

ニギハヤヒノミコトが天つ神の命を受けて大和に天降るとき授かったとされる「十種神宝」。

それは宇宙的な神秘の力を秘めたものとしてさまざまな口伝的著述の中で語られてきたが、天皇家が護持するカガミ・ツルギ・タマという三種の神器の影に隠れて決して表に出ることはなかった。

十種神宝の形象はすべて不可思議な幾何学的図像で示されている。古代研究の中でこれらの形状に含まれている謎を解いた研究は皆無だ。今回はヌーソロジーからこれらの形象の謎解きを試みる。


disc.B

  • 3.日と月の秘密/和魂としての自己と他者
  • 4.「モノとの同盟」の時代へ/日本心性の役割・質疑応答

十種神宝の謎がヌーソロジーの思考を通して解き明かされてくると、それが太陽の生成の秘密にダイレクトに繋がっていることが分かってくる。カガミ・ツルギ・タマとは人間の魂を形作るイデアの象徴群であり、それらは素粒子生成の世界とも深く繋がっているのだ。そこから話は地球と月と太陽の話へと進んでいく。

プラトンの『饗宴』が物部氏の神・大物主神とつながりを持ち、そして、こうした神話世界の物語が一転して今度は太陽の内部の核融合の話へと接続していく。

太陽とは何か。反転した地球空間。浮上する人間の精神核。最後はこのシリーズのフィナーレにふさわしい大円団を迎える。


  1. ヌーソロジーによる十種神宝解説(1)/カガミからタマへ
  2. ヌーソロジーによる十種神宝解説(2)/タマからヒレへ
  3. 日と月の秘密/和魂としての自己と他者
  4. 「モノとの同盟」の時代へ/日本心性の役割・質疑応答

収録年月:2016/03 |再生時間:4h11min. | 画面サイズ:16:9