• 3202

ヌーソロジー理解のための数学教室 vol.2

¥4,500(税別)  ¥4,860(税込)

ヌースアカデメイアのナビゲーターである佐藤博紀氏による、ヌーソロジーの理解をよりいっそう深めていくために開催された数学講座の模様を収録!

2013年にアカデメイアオフィスで開催された『ヌーソロジー理解のための数学教室(全6回)』

vol.2はLesson3とLesson4を収録。至宝とまでいわれている公式「オイラーの公式」から、本講座の目標であり、ヌーソロジーの数式的な理解の要でもある行列の内容に入っていきます。


Lesson 3  関数2/微分とU(1)群
前半の講義は極限と微分の解説からはじまります。なぜ微分を解説するのかというと、微分を使うことで、かの有名なオイラーの公式を導くことができるからです。そして、このオイラーの公式も、やはりLesson1と2でも共通のキーワードとなっていた「複素数」なのです…。
後半の講義は、オイラーの公式に表現されている直線と円の変換性。微分することによる顕在化。これまで量としての意味しか持ち得なかった数字と記号の羅列が、イデア的な意味を帯びていきます。
Lesson 4  行列(1)/行列の基礎
この回からは、いよいよ行列の内容になります。『ヌーソロジー理解のための数学教室』の目標は、実は行列SU(2)を理解することにあります。SU(2)は、次元観察子でいうとψ7,8の構造です。
行列の概要やからパウリ行列といった重要なものまで、行列について一通り解説していきます。
時間:3時間47分 画面:16:9

〈講演者略歴〉
佐藤 博紀。広島県生まれ。1996年、京都大学理学部卒業。1998年〜2003年、米国立ブルックヘブン研究所にて加速器を用いた素粒子・原子核実験に参加。2003年京都大学院理学研究科修了。博士(理学)。以後、大学や企業の研究員、高等学校教員などを務める。現在は、意識と物質の関連について研究している著書に「数とカタチ」(文芸社、20011年)「物質世界とイデア」(デザインエッグ社、2013年)、「物質の究極と人間の意識」(デザインエッグ社、2015年)などがある。

【web】意識物理学研究所

,