ヌースアカデメイア・オンラインショップ

Recommend

  • NC-cube

    [device]

    ¥160,000(w/o/t)

    More

  • シュタイナー思想とヌーソロジー

    [book]

    ¥8,000(w/o/t)

    More

  • NOOS LECTURE 2015 VOL.1&2

    [dvd]

    ¥4,500(w/o/t)

    More

  • 2013:God Sees God

    [cd books]

    ¥3,000(w/o/t)

    More

Lineup

  • Device

    環境デバイス

    待望のエンジニアリング化!!

    List

  • Book

    書籍

    一般書籍からオリジナルまで

    List

  • DVD

    ムービー

    ヌースレクチャーをご自宅で

    List

  • CD Books

    復刻書籍

    復刻記念DVD付き!!

    List

Welcome

当ショップは、ヌーソロジー関連の商品を取扱う

ヌースアカデメイア公式のオンラインショップです。

〈反転〉の思考をお楽しみ下さい。

What’s the Noosology?

ヌーソロジーって何なの?とよく訊かれる。一応、「noosology」と綴っているので、字義的に言えば、noos(ヌース)とlogyを組み合わせたものということになる。

 

noosとは古代ギリシアの哲学者たちが好んで使っていた言葉で「神的知性」の意味があり、logyは英語の接尾辞で「~学」や「~論」を意味する。だから、noos(o)logyとはおおよそ「神的知性に関する学」といったような意味になる(語感の響きをよくするために、間に「o」を入れている)。まぁ、ここまで、説明したとしても、「じゃぁ、神的知性って何?」という質問が飛んでくるに違いない。簡単に説明してみよう。

 

僕たち人間にとって、世界はまず”与えられる”ことによって存在している。人間はこの与えられた世界を感官を通して知覚し、そこから、ああでもない、こうでもないと、知性を働かせ、いろいろと思考する。その意味で、人間の知性は受動的なものだ。受動的なのだから、この知性は、モノや世界の仕組みがどうなっているのか──つまりHOW?という疑問に関しては事細かく考えることができるが、それらがなぜそのようになっているのか──つまりWHY?のそれに対しては何も考えることができない。受動的なのだから仕方がない。神的知性というのはそれとは全く逆のものと考えるといい。神が世界を創造するにあたって、そこにはおそらく何もない。

 

だから、神はそこから一つの思考を能動的な知性の名のもとにおいて発出させる。この思考は前もって対象を持たないので、思考自体が対象へと変身を遂げるしかない。そうやって、思考することがそのまま生成となり、その思考の身振りの連続性が世界を一つの生命として組織化していく。だから、この知性はすべてのWHYにも容易に答えることができる。神的知性なるヌースとはそういうものだと考えるといい。

 

ヌーソロジーはこのヌースの在り方を具体的に思考していく学である。別の言い方をすれば、物質の中に潜む精神の有り様を露にしていく「反転の存在知」と言ってもいいだろう。

 

text by Kohsen Handa